マテリアル娘の名前が決まったようで?
 次回から彼女等のお話はそっちの名前で進む事になります。
 なので今回はマテリアル娘+なのはの座談会みたいなお話になりますのでご了承を。

 では、始まります。


星光「どうやら、私達に正式な名前がついたようですね」

王「そのようだな。しかし我にとっては、どうでもいいことだがな」

星光「そうなのですか?」

王「当たり前だろ。名前があろうがなかろうが我が王であることに変わりは無いからな」

雷刃「あはは♪ 王様はそんなこと言ってるけど、実際は恥ずかしいだけなんだよね?」

王「ば――っ!? き、貴様は何を馬鹿げたことを――」

星光「ふふ……顔が真っ赤になっていますよ王……もといロード・ディアーチェ」

王「う、うるさいぞ! お、お前はどうなのだ? シュテル・ザ・デストラクターよ」

星光「私は名前は気にしてませんよ。なのはが呼んでくれるのならば、星光でもシュテルでもかまいません」

雷刃「僕も! 僕も! なのはが呼んでくれるならどっちでもいいよ!」

星光「雷刃の……もといレヴィ・ザ・スラッシャーも私と同じ意見のようですね。あなたはどうなんですか?」

王「わ、我は……」

王「ふ、ふん! 塵芥の好きに呼ばせるわ。我は心が広いからな。塵芥の好きなように呼ばせるとしよう」

星光「初めは統べ子ちゃんと呼ばれる事に文句を言っていたような気がしたのですが……」

王「き、気のせいだろ! それに今は普通に塵芥の好きなように呼ばせている!」

星光「……そうですか。だ、そうですよなのは――」

王「――――っ!? なのはだと!?」

なのは「にゃはは、ごめんね統べ子ちゃ……ロードちゃんって呼んだ方がいいのかな?」

王「……好きにしろ!」

なのは「そっか。じゃ、ロードちゃんで」

王「ふん」

雷刃「ねぇ、なのはなのは! 僕は? 僕の事はどう呼ぶの?」

なのは「雷刃ちゃんも、ちゃんとレヴィちゃんって呼ぶよ」

雷刃「そっかーえへへ♪」

なのは「もちろん星光もシュテルちゃんって呼ぶよ♪」

星光「……はい」

なのは「――と、まぁこんな感じで自己紹介も終わった事だし、次回からは――」

王「ふん! また我との話しから始まるのだろう?」

星光「ずるいですよ。王はすでに二つも出ているじゃないですか。なので次は私です」

雷刃「えー次は僕だよー!」

なのは「にゃはは。次は一体、誰になるのでしょう? それは次回へのお楽しみで!」

全員「またねー!」

inserted by FC2 system