怒ったフェイトちゃんは恐い。
 まさかあんな事になるなんて……
 うぅ……思い出すのも恐いよ。

 始まります。


「も〜っ! はやてちゃん止めてよぉ〜」
「ぐへへ……それは無理な相談やなぁ、なのはちゃん」
「うぅ……はやてちゃんのバカ。ばかぁ……」
「あぁ、泣き顔のなのはちゃん最高やぁ〜」
 うぅ、悲しい事にわたしは今はやてちゃんに胸を揉まれています。
 何度も何度も止めてって言っているのに、全然止めてくれません。
 はやてちゃんが変態さんなのは前々から分かっていたけど……
「はぁ……なのはちゃんのオッパイは心地ええなぁ」
 最近酷さが増しているんです。
 もし、こんな所を他の人に見られたら――

「はやて? 何してるのかな?」
 ――あ。早速見つかってしまった。
 しかもフェイトちゃんに……
「ふぇ、フェイトちゃん……? ど、どないしたんや?」
「いいから私の質問に答えて」
「あ、あははは、質問に答えるのはええけど、その構えたバルディッシュをどうにかしてくれんか?」
「あはっ♪ それは無理だよ。だって――」
 フェイトちゃんは満面の笑みで、
「私のなのはに手を出す、泥棒猫を始末しないといけないからね♪」
 とても物騒な事を言った。
「はは、は……冗談やよね?」
「私が冗談を言うと思う?」
「…………思わへんな」
「じゃ、死んで♪」
「わぁぁぁぁっ!? ごめん! ホンマ堪忍してや! マジで謝るから!」
「……今回だけだよ?」
「は、はい! ありがとうございます!」
 はやてちゃんが涙目になりながら走って逃げていく。
 確かに、はやてちゃんもやり過ぎな所はあったけど、少し強くいいすぎじゃないかな?
「…………なのは」
「ん、何? フェイトちゃん」
「私言ったよね? はやてに胸を揉ませたらダメだって」
「う、うん。でも、あれははやてちゃんが――」
「なのはは何も分かってないよ」
 あ、あれ? 何だかフェイトちゃんの怒りの矛先が、わたしの方に向いているんだけど……
「これはちゃんと、なのはの身体に教え込まないといけないね」
「ふぇ、フェイトちゃん……?」
 凄く、凄く嫌な予感がする。
「なのはが私の物だっていうのをちゃんと理解させないといけないね」
「にゃっ!?」
 その場でわたしを抱き抱えるフェイトちゃん。
「ちゃんと教えてあげるからね。身体の隅々まで……」
「ぁ……」
 どうやらフェイトちゃんに変なスイッチが入ったようです。
「うふふっ♪ 覚悟してね、なのは」
「あ、はは、お手柔らかに……」

 そうしてわたしは、フェイトちゃんに――
「にゃぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁっ!?」

inserted by FC2 system