今のこの体じゃ大切な人を支えられなくて
もっと、もっと成長したくて
今のヴィヴィオじゃ、なのはママを助けられない

だから――
魔法少女リリカルなのはss始まりますよ。

「ねぇ、なのはママ。どうしたら大きくなれるの?」
「急にどうしたのヴィヴィオ」
「ヴィヴィオ早く大きくなって、なのはママを助けたいのです」
 今のヴィヴィオじゃ全然ダメだから……
「なのはママはヴィヴィオに十分助けてもらってるよ」
 違うよママ。ヴィヴィオは何もしてないもん。
 ヴィヴィオはなのはママの身も心も支えたいの。
「ヴィヴィオは――」
 んぐっ!?
 なのはママの指がヴィヴィオの口元に当てられる。
「ヴィヴィオは今のままでも十分になのはママの支えになってるよ。だから――」

「そんなに焦らなくてもいいんだよ。わたしはヴィヴィオがヴィヴィオのままでいてくれれば、
それだけで充分だから」
 そして、優しく抱きしめてくれる。
「なのはママ…………」
 なのはママの優しさに涙が出そうになるけど、必死に我慢する。
 ママは、焦らなくてもいいって言ってくれるけど、やっぱり早く大きくなりたいです。
 他ならぬ、なのはママのためだから――

 そしていつの日か――

 ヴィヴィオがなのはママを幸せにしてあげたいのです。

inserted by FC2 system