「フェイトちゃん遅いなぁー」
 せっかくクリスマスの準備をして待っているのに全然帰ってこないよぉ。
 二人っきりで過ごすクリスマス。
 ずっと前から楽しみにしてたのに……フェイトちゃんのばかぁ。

 始まります。


「た、ただいまぁ……」
 やっとフェイトちゃんが帰ってきた。
「フェイトちゃん。遅いよ」
「ご、ごめんなのは。予定より終わるのが遅くなっちゃって」
「う〜楽しみに待ってたのにぃ……」
 色々と準備をして待ってたんだよ? それなのに――
「ほ、本当にごめん」
「ちゃんと反省してる?」
「も、もちろんだよ!」
「だったらいいけど……」
 せっかくのクリスマスに怒ってばかりいるのも嫌だしね。

「フェイトちゃん。メリークリスマス♪」
「うん。メリークリスマスなのは」
 二人でメリークリスマスと言いあい抱きしめあう。
「ねぇ、なのは……」
「ダメだよフェイトちゃん。まずはご飯を食べよ」
「あぅ……そう、だよね」
 おあずけをくらって、しょんぼりするフェイトちゃん。
 あはっ♪ 可愛いよ。
 イチャイチャするのもいいけど、せっかくご飯の準備をしたんだから先に食べて欲しいな。
「夕食が終わったら……ね♪」
「うん♪」
 嬉しそうにほほ笑むフェイトちゃん。
 もう……ほんと、フェイトちゃんはエッチなんだから。
 にゃははっ♪ 楽しいクリスマスになりそうだね。フェイトちゃん♪

inserted by FC2 system