『わたし、シグナムさんの事が好きなんです』
 十年前なのはに突然告白をされた。
 あの時は子供心からの憧れなんだろうと思い断った。
 そして、その時に一つの約束をした。
「十年後もし、なのはが私の事を好きだったら、その時はその想いに応えよう」と、
 

 始まります。


「シグナムさん。十年前の約束覚えていますか?」
 あの時から十年。子供だったなのはも、十分に大人に成長していた。
 それでも時折見せる表情には、子供の時と変わらないものがあった。
「十年前わたしは、シグナムさんに告白をして振られてしまいました。そして、十年経って
まだシグナムさんの事が好きだったら、その時はわたしの想いに応えてくれるって」
「ああ……」
 それは間違いなく事実だ。
 なのはの事を想い、憧れではなくちゃんとした想いを持って大切な人を見つけて欲しかったから。
「わたしはシグナムさんの事が好きです。憧れでもなく、一人の女性としてシグナムさんの隣を
歩いていきたいんです」
「…………」
 なのはの真っ直ぐな言葉。
 こんな私ではなく、もっと他の素敵な人を見つけるべきだったのに。
 それなのに――
「シグナムさんは、わたしの事好きですか?」
「……ああ。私もなのはが好きだ」
 私もなのはに恋をしていた。
 恐らく、なのはと同じ十年前からずっと……
 それでも、私という存在を考えると易々と一歩を踏み出すことは出来なかった。
 それなのに、なのはは待ってくれていた。
「じゃぁ、シグナムさん――」
「ああ、約束したからな」
「シグナムさん♪」
 喜びのあまり、なのはが抱きついてくる。
 本当は約束なんて、どうでもよかった。
 私はただ臆病なだけだ。
 いつも大切な所で踏みとどまってしまう。
 そんなダメな私でも、なのはは求めてくれた。
 だから私も一歩を踏み出そう。
 彼女が側に居てくれるなら、きっと大丈夫。
 そんな気がするから――

inserted by FC2 system