「う〜おかしい。やっぱり、おかしいよはやてちゃん!」
「そんなことはないって。見てるだけで癒されるで♪」
「あうぅ……どうして、こんなことになったの?」
「なはは♪ 自業自得やろ♪」
「なんか違う気がする……」
「気のせい。気のせい」
 なのはちゃんが疑問に感じている事は全部、気のせいやって。

 始まります。


「ほんと、何であんな事言ったんだろ……」
「さぁ? でも、そのおかげで私はいい思いをしてるんやけどな」
「……はぁ」
 なのはちゃんが言った言葉。
『いつも頑張ってるはやてちゃんのために、私が一つだけ何でも言う事を聞いてあげるよ』
 私に与えられた究極のご褒美。
 一つだけなら何でも自由に出来る権利。
 その権利――それを私が使用したわけで。
「あぁ、ほんとに似合ってるで」
「まだ? まだ着てないといけないの?」
「まだや」
「う〜〜〜〜〜」
 なのはちゃんが着ている衣装。それは――

「ナース服を着たなのはちゃん。天使や、天使がおるで……」
「……はやてちゃん」
 あぁ、なのはちゃんが物凄く冷めた目で私を見てるわ。
 その視線、堪らんなぁ。
「……変態」
「はあん」
 癒される。凄く癒されるわ♪
 何なんやろな。なのはちゃんの天使っぷりは。
 可愛くて、綺麗でそれでいて色気たっぷりななのはちゃん。
 そして目の前にはナース服を着た、なのはちゃん。
 これはもう犯してもええって事やよね?
「なのはちゃん!」
「ダメ。絶対にダメだからね!」
「な――っ!?」
「エッチなのはダメなの」
「イヤや!」
「えっ!?」
「なのはちゃんの拒否を拒否する!」
「その理屈、意味が分からないよ!?」
「分かる必要なんてない!」
「ええー」
 だって、今から嫌でも身体で理解出来るんやからな。
「は、はやてちゃん!?」
「はぁ、はぁ、はぁ」
 そんなわけで。八神はやて、いっきまーす!

「ふみゃぁぁぁぁああぁぁぁぁぁっ!?」  

 これでまた明日も頑張れるわ。
 あはっ♪ ありがとな、なのはちゃん。

inserted by FC2 system