このお話は、もしもなのはさんがツンデレだったらという設定でいきます。
 そんなツンデレなのはさんと、それぞれのキャラのほんの一コマのお話。

 始まります。


 ツンデレなのはさん×フェイトさんの場合。
「ばかばかばかっ! フェイトちゃんのバカッ!」
「ご、ごめん……なのは」
「あれほど無茶はしないでって言ったのに――」
「ごめん……」
「こ、今度いつ無茶をするか分からないから、わたしがちゃんと見てるんだからねっ!」
「なのは〜♪」

 ツンデレなのはさん×はやての場合。
「も――っ! 何ではやてちゃんは、セクハラばかりするの!?」
「何でって、一つの愛情表現やんか」
「だからって――」
「なのはちゃんは、胸とか揉まれるのは嫌か?」
「そ、そうじゃなくて……わ、わたしはいいけど……他の人には――」
「なのはちゃんっ!」

 ツンデレなのはさん×シグナムの場合。
「シグナムさんばかり胸が大きくてズルイです」
「むっ! す、すまない……」
「あ……ち、違うんですよ。わたしはシグナムさんが羨ましくて……」
「…………」
「だ、だから落ち込まないで下さいよ――っ!」

 ツンデレなのはさん×リインの場合。
「あ、なのはさんこんな所でどうしたんですか?」
「えっ!? あ、あの……な、なんとなく散歩してただけで……」
「散歩ですか……ふふっ。そういう事にしておきますね……」
「ほ、ほんとに散歩だもん! う〜わたしの方が年上なのに……」

 ツンデレなのはさん×スバルの場合。
「な、なのはさん私――」
「大丈夫だよスバルはもう充分に強くなったよ」
「なのはさん……」
「も、もし、まだ心配だって言うなら……と、特別にわたしが――」

 ツンデレなのはさん×ティアナの場合。
「自主練するのはいいけど、どうして無理をするのかな?」
「す、すいません……」
「ティアナらしいけど、今度からは自主練する時はわたしに声をかけてよ」
「で、ですが……」
「ティアナのためじゃないんだから……わ、わたしがしたいから言ってるんだからね」
「……なのはさん」


 ――あとがき
 ちょっとした一コマの話でしたが、どうでしたでしょうか?
 他にも色々と出したかったんですが、考えつかなかったです。

inserted by FC2 system