今年も新しい年が始まりました。
 そんなわたし達の新年の会話。

 始まります。


「今年も新しい年が始まったね〜」
「うん、そうだね。今年も宜しくね? なのは」
「こちらこそ宜しくだよ」
「えへへ……でも、今年こそは私だけを愛して欲しいかな」
「う〜ん。そうは言っても作者さん次第だしねぇ〜」
「そ、そうかもしれないけど、私となのはの話しの時は本気で愛して欲しいよ」
「ふふ……♪ それは大丈夫だよフェイトちゃん」
「なのは……♪」
「あーそれやったら、私も真剣に愛して欲しいわ」
「はやてちゃん」
「あと、それ以外の時でも……な?」
「は、はやて! 何言ってるの!? なのはは私だけを愛してるんだよ」
「それは、どうやろうな?」
「な――――――っ!?」
「作者もなのはちゃんも見境が無いからなぁ〜」
「そ、そんなことない……と思うんだけど……」
「嘘はあかんよ、なのはちゃん」
「う〜何だかわたしが悪い女みたいだよぉ〜」
「そんな事無いよ! なのはは凄く素敵な人だよ!」
「フェイトちゃん……」
「あーはいはい。すぐになのはちゃんのご機嫌を取ろうとせん方がええで〜」
「そんな事――」
「むしろフェイトちゃんの方が悪女と違うか?」
「はやて!」
「あはは〜悔しかったら私を捕まえてみ〜」
「はやて――――っ!」
「あはは……二人とも何処かに行っちゃったよ」
「なのはママ大丈夫?」
「うん……大丈夫だよ」
「いいこ。いいこ」
「ヴィヴィオ……♪」
「なのはママ。今年もこれからも宜しくお願いします」
「うんっ!」

「はぁ……何アレ?」
「ふふ……みんな仲がいいよね」
「何でそう見えるのよ?」
「だって、楽しそうなんだもん」
「楽しそうって……」
「アリサちゃんは楽しくない?」
「あ、あたしは別に――」
「ふふ……私はアリサちゃんと一緒に居ると楽しいな」
「…………ズルイわよ」
「ごめんね?」
「はぁ……まぁいいわ。そんな事よりすずか」
「うん」
「「全員を代表して皆様に挨拶をさせていただきます」」

「「今年も宜しくお願いします!」」

inserted by FC2 system